株の学校123「マスターコース」
123式ベーシックコースは、儲けに直結したノウハウ

ただ、これはあくまで準備段階。

株で儲けを出していくためには・・・
ある2つのポイントがわかればいいです。


それは・・・

上昇する瞬間と、下降する瞬間!

です。冷静に考えると株は、この2つの瞬間が解れば
攻略できるんです。
これが一番知りたいポイントですね!

ここで整理しておきたい事は、
■株価が上がっているから、今買えば上がるかどうかはわかりません。
■「底(一番安い所)」や「天井(一番高い所)」というのは、残念ながら知る事は出来ません。
■業績がよい銘柄を買っても株価が上がるかどうかはわかりません。
現在、株価が銃上昇していますが、これからもこれが続くかどうかは誰にもわかりませんよね。

「底」や「天井」かどうかは、後になってみないと解らないからです。
そもそも「底」や「天井」を探す事は不可能なのです。
業績がよい銘柄でも下がる株はたくさんあります。

株を買う時に、多くの方が失敗してしまう原因なのです。

よく株価を判断するときに、見てしまうのがニュースや情報をあてにするのですが、やってみるとわかるのですが、
■情報や材料だけでは、いつ買ったら良いのか?
■今は良いタイミングなのか?
明確に売買ポイントは実は、解りません。

では、どうずれば良いのか?
これはチャートから読み解く事ができます。
また、絶対に売らなければならないポイントを明確にしていきます。
これをリバースポイントと言います。
123では、『上昇する瞬間 』『下降する瞬間』
これにこだわって売買をします!
この瞬間さえ解れば、株式トレードは攻略できます。

そして、その瞬間(売買ポイント)を明確にします!
『上昇する瞬間』と『下降する瞬間』は、チャートから読み解く事が出来ます!
このために
123式ベーシックコースは、テクニカルチャートのみを使い相場を攻略します。

ポイント!!
人間の本質的性格で、動くべき理由とタイミングがわかれば行動できるようになるです。

ポイント!!

頭の中のこのメカニズムが重要です。そのポイントを逃せば、利益が損失に変わってしまうかもしれないからです。
なので、売買ポイントを明確にするという事はとても重要です!
今から株式トレードで勝つための重要なポイントを3つお話します。

ポイント1

株価の上昇局面で知っておきたい大切なこと・・・それは・・・

【お金の流れを読み取る】

ということです。


株は買われれば上昇し、売られれば下がります。


単純な原理です。いくら業績がいい銘柄でも売られれば下がります。
逆に、今は業績が悪い銘柄でも買われれば上がるんです。

株価は、情報や業績で動いているような感じがしますが、
実は、それはニュースや情報に踊らされているだけなんです。


マーケットは、もっと単純です。


お金がある人が株を買えば上昇し、売れば下降する。
これが真実です。逆に言えば、

このお金がある人たちの動きをウオッチングして、
同じタイミングで売買することができたら・・・

高確率で利益を出すことが可能かもしれません。
お金のある人たちとは、マーケットで言えば「機関投資家」と言われる人たちのことです。
機関投資家とは、企業で投資を行っている大口の投資家のことです。
扱っている金額は、ハンパじゃないためにこの人たちが買えば株価が上がり、売れば下がるといっても過言ではありません。

もちろん、私たち個人投資家に、そのような力はありません。
個人資産は、本当に限られています。
通常、個人で運用する資金というのはだいたい数十万~数百万くらいではないでしょうか。たとえば、1000万円あってもマーケットを動かすほどの力はありません。
では、株価を動かすことができない


少額資金の個人投資家が、効率よく株で利益を上げていくための方法とは?

それは・・・

「機関投資家のお金の流れを、チャートから読み取る」ことなのです。

株価の動きを説明すれば
『上昇する瞬間』=機関投資家が買う瞬間
『下降する瞬間』=機関投資家が売る瞬間
というように置き換えることができます。つまり、このポイントだけ押さえることができれば、
株で利益を上げていくことはそんなに難しいことではありません。



この機関投資家たちの動きをウオッチングするツールが必要ですね。
そこで使うのが「株式チャート」ということになります。



チャートは、リアルタイムにお金の流れを表します。
我々は長期間の研究の結果、機関投資家のお金の動きが、
チャートに『ある形』で現れることに気付きました。

この形を読むことにより、高確率で「上がる直前に買い」
「下がる直前に売る」トレードが可能になったのです。


ポイント2

不確実性

今上がっていても、未来永劫上がり続ける株はありません。絶対に安全と思える会社でも、1年後、3年後は、どうなっているかわかりませんよね。
一般的には「短期投資はするな、長期投資をしろ」と言われますが、私たちの考え方からすると、長期投資は、一か八かのギャンブルです。個人投資家は、絶対に長期投資をしてはいけません。長期的に上がるのか、下がるのかは、誰にもわからないのです。

長期投資

逆に、短期的であれば、この先上昇するのか、下降するのかという予測の精度を上げることが可能です。ですから我々は「短期的にこの銘柄は上がるのか下がるのか?」を見極めるためのスキルを開発しました。


ポイント3

必勝法

もちろん、相場の世界では100%はあり得ませんので。同時に、このチャート分析の体得にはある程度の経験が必要なため、最初のうちは外すことも多いです。

ですから、チャート分析と併せて重要となるのは、必勝法ではなく「負けを織り込んで利益を出すシステムを構築する」ことなのです。
実は、株で勝つこと自体は簡単です。始めてすぐに儲かった人の話というのは、意外と良く聞きますよね。

問題は、負けたとき。つまり損失が出てしまったときに、それを防ぐことです。これが、本当に難しいのです。負けが出始めると、「もう少し待ってみよう、もう底値だ、もうすぐ上がる・・・」と根拠の無い思い込み(願い)を持ったまま、ズルズルと負け続けます。そして最終的には、今までの勝ちの利益もすべて吹き飛ばしてしまうのです。

我々プロの個人投資家は、3勝7敗のなかで、手堅く利益を確定し、安全にロスカット(損きり)を行って、トータルで利益を堅実に重ねていきます。これこそが、「負けを織り込んで利益を出すシステム」です。言葉にすると至極当たり前のことなのですが、負けている時の投資家の特殊な心理状況と相まって、実行に移すのはとんでも無く難しいです。

実際に、書店に並ぶ書籍を見てみてください。多くの書籍が、儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐノウハウはあまり書いていません。一番大事なことが書いてないのです。
個人投資家は、スキルとメンタルの両方を体得する必要があります。

これは、自分では投資をしていない「先生」には絶対に教えることが出来ません。資産を失いながら地を這って勝ちあがってきた、泥臭いプロ個人投資家だけが、このメンタルに打ち勝つスキルを伝えることができます。

以上、株式トレードで勝つための重要なポイントをお話しさせていただきました。

そのポイントを網羅し、検証を重ねに重ねた理論を構築しました。

123式ベーシックコースとは?

逆転の発想!損失を最小限に抑えることによって、利益を伸ばす。
これがベーシックコースの中で学ぶ「123式負けない技術」です。

現在、株価は急上昇をしていますが、過去にもこういう相場はありました。
にも関わらず株式相場では、約90%の人が負け組 だと言われています。
それは、株が難しいから、儲からないからではありません。
株で儲けるのは、実は、そんなに難しい事ではありません。
しかし、株で儲ける事が出来たとしても、それ以上に 株は「とても損をしやすい」 ものです。
株は 常に「損をするかもしれない」という「リスク」 があります。負け組が90%と言われているのは、ほとんどの人が儲かった額以上に、損失をしてしまい、トータルで負けてしまっているからです。
つまり、 損失を最小限に抑えることが出来れば、その分利益は伸びるという事なのです。
この損失を最小限に抑える技術の事を、123では 『負けない技術』 と呼んでいます。
結局は、この『負けない技術』 を知らないと、せっかく利益を出しても、あっという間に損失が出て、最終的にマイナスになってしまう、というケースは少なくありません。
しかし、これを勉強しようにも、儲け方のノウハウ本は数多く市場に出回っていても、損失を防ぐノウハウについては、ほとんど書かれていません。
利益を伸ばすためには、損失を防ぐ事が何よりも重要です。
柔道やスキーに例えてもそうです。
ますは技から学ぶのではなく、受け身や転び方から練習します。
これがリスクを最小限に限定するという事です。

株においては、この防御こそが最大の武器になります。
宝くじをなぜ、みんな買うのでしょうか?
「3億円当たる夢があるから」・・・
もちろん、その夢は大きいですが、実は 損失が限定されているから、みんな躊躇なく買うのです。
3,000円分の宝くじを買った場合、当たらなくても損失は3,000円と限定されます。
もし「3億円当たるかもしれないが、3億円負けるかもしれない」と言われたら、誰も買わないですよね。
当たり前のようですが、人は常に損失を計算しながら生きています。
株は怖いと良く聞きます。それはいくら負けるか解らないからです。
要するに、損失が計算できなから不安になるのです。
ただ、宝くじのように損失を決定できれば、どうでしょう。
それこそが 「123式ロスカットの技術」 です。
123では、その損失を経費として限定します。
これをロスカット経費と読んでいます。
チャート分析から損失を算出し、ロスカット経費として、トレードする前に
損失を限定してしまいます。
株をギャンブルから、ビジネスに変える技術 の1つです。
まず重要な技術は、損失を最小限に抑える 『123式負けない技術』です。
これを学び、習得するのがベーシックコースの第一歩となります。

ベーシックコースでは、テクニカル指標を使って、まず、一番重要な 『負けない技術』 を習得して行きます!この技術を習得する事によって、まず、今までのように大きく負ける事は、少なくなって行きます。

大きく負けなくなると、今まで出ていた損失が少なくなり、利益を伸ばす方に資金を投入する事が出来るようになります。

私たちが知りたいのは、
上昇する瞬間と、下降する瞬間!
です。
これを察知するために、株式チャートを使いこなします。

なぜ、チャートでそれがわかるのか?

株を売るタイミングは、特に重要です。
下降する瞬間は 『利益確定』 と 『損切り(ロスカット)』 の、2通りのポイントになります。
人間には欲がありますので、利益があればもっと上がるのではないか、下がってしまうと損を斬れなくて塩漬けにしてしまうということが多いんです。
そうならないために
123式ベーシックコースでは、絶対に売らなければならないポイントを明確にしていきます。
私たちは、これをリバースポイントと言います。
123では、『上昇する瞬間 』 と 『下降する瞬間』
これにこだわって売買をします!
この瞬間さえ解れば、株式トレードは攻略できます。

あなたを支える超強力な講師陣

それでは、その講師を紹介します。

ナビゲーター、現役トレーダー酒井智白
トレーナー、現役トレーダー坪倉知紀

私たちトレーダーは、そもそも証券会社の人間でも、市場関係者でもありません。皆さんと同じ個人投資家でした。最初は塩漬け株を持っていたり、勝ったり負けたりの繰り返しで、あまり利益を出す事の出来ない鳴かず飛ばずの一般投資家でした。
しかし、株の学校123でトレードで
■普遍の真理
■タッチングシステム
■方向線、株価の性質、鉄のルール
などを学び極める事で現在現役トレーダーとして活躍しています。
ベーシックコースで伝授する事は沢山あります。

講座のカリキュラムは以下の通りです。

たった1か月で、トレードの実力がつくカリキュラム構成です。
(1)ステップアップ動画配信
(2)リアルタイム質問会(銘柄助言あり)
(3)マイページを使っての銘柄相談
(4)3か月の契約、その後更新手続き(1000円)で更に1年間サポートを継続
(5)システムトレード銘柄情報配信サービス(STSサービス)の2か月間無料配信

受講生が本物のトレーダーになっていただくためのフルサポート体制を取っています。


【1】ステップアップ動画配信

勝てるノウハウの効果的なインプット法
です。動画とテキストが2~3日に1回、1ヶ月間届きます。
配信される動画に従って1日1時間程度、学習して下さい。
忙しい方でも、無理なく吸収できる内容になっています。
現役トレーダーが日々、実践で使っているノウハウとスキルだから
生きた生の実力がついてきます。
このような動画を配信していきます。



【2】リアルタイム質問会(銘柄助言あり)

あなたの質問にズバリ、リアルタイムで解説をします。
銘柄の具体的な質問、株価の今後に対するアドバイスを受けることができます。仕掛ける前に分析が正しいかどうかなどを質問することができます。
今の相場の状況について詳しく解説をするというものです。リアルタイムでお答えしますので、現役トレーダーである講師の生の声が聴ける貴重な時間となると思います。


◆WEB質問会
月2回開催
パソコンがあれば受講できるWEBセミナー形式です。



【3】マイページを使っての銘柄相談




【4】3か月の契約、その後更新手続き(1000円)で更に1年間サポートを継続

超ロングサポート3か月+更新1年で、最大で合計1年3か月のサポート。
ベーシックコースは、当初3ヵ月の契約となっています。
そして3ヶ月後に1000円の契約更新料をお支払い頂くと、1年間の契約更新が可能になります!
契約更新をして頂くと、その後1年間も、同様に質問・助言、授業フォロー動画を何度も見ることが出来ます!
契約中は、質問会や懇親会に何度でもご参加いただけます。(リアル質問会は、会場の関係で参加できない場合もございますので、ご了承ください)
しかも、契約中は、
メール質問は無制限
にできます



解らない所は何度でも聞き、『解るから出来る』という、トレードスキルへと変化出来る様、バックアップさせて頂きます。


【5】システムトレード銘柄情報配信サービス(STSサービス。ベーシックコース受講者限定の別契約です。)の2か月間無料配信

相場のある日は、毎日「動画」で解説。日経平均、そして、配信銘柄をフォローしていきます。



STSでさらにノウハウの理解が深まります。
・銘柄選びも、銘柄配信サービスを参考に出来ます!
・メールだけではなく、動画の配信もあるので更に理解が深まります!


1、ストックフォロー動画
日々の動画トレードナビゲーションです。
その日の相場の解説から配信銘柄の解説、そして、明日のトレードの対策を動画で解説していきます。この動画を見ることにより、タイミングを逃さず、どのような考え方でトレードするのかをノウハウと照らし合わせながら習得できますので、相場観を養う事ができます。
実際にチャートを追いながら、解説しますので、理解が飛躍的にUPします★




2、ストックフォローメール
銘柄の売買する注文方法、値段を指定して配信します。
動画が見れない日は、このメールを見るだけでもトレードすることがでいます。
ストックフォロー動画と合わせてご覧いただくとより効果的です。


3、ストックチャート
123講師陣が、日々のチャートを分析し、手書きでチャートを作成!
1000銘柄以上の銘柄から選び出した、チャートの未来予想図や売買ポイントを手書きで作成!
ポイントが解ります^^




4、ストックシャウト
123講師が、実際にトレードを行いながら実況するインターネットラジオです!
実際のトレードをリアルタイムで解説します。
売買のタイミングも、リアルタイムで実況します^^!
会員専用ブログから、リアルタイムで講師に質問も出来ます♪
相場観が養えるコンテンツです★(週一回・後場)





通常は、1ヵ月1万円で受けられるSTSサービスですが *1、ベーシックコースを受講すると、この内容たっぷりのSTSを、なんと
2ヵ月間無料で!!
受ける事が出来ます^^*1 STSサービス単独での契約はできません。


【6】方向線付近の銘柄を一発検索!!【銘柄一発スクリーニング】

銘柄選びに迷わなくなる銘柄一発スクリーニング機能を提供いたします!

【銘柄一発スクリーニング】

一発スクリーニング活用法!業種検索機能の使い方はコチラ

【トレンド転換スクリーニング動画】

スクリーニングチャート画像のサンプル



【銘柄一発スクリーニング】の利用者レビュー

  • お世話になっております!
  • 銘柄スクリーンの感想ですが、大変活躍しています!
  • 利益もだしています。
  • できましたら、出来高が低いとか高いとかも分かると助かります。
  • これからもよろしくお願いします!
  • 酒井先生 こんにちは
  • 「銘柄一発スクリーニング」を利用して15銘柄を仕掛けました。
  • そのうち、一部利確しましたが、残りの銘柄で約40万円以上の含み利益があります。
  • 来週も株価が上がることを祈っていいます。
  • いつも本当に色々お世話になり感謝しています、有難うございます。
  • 嬉しいです(●^o^●)
  • 軍資金少ない私にでも、この、めいがら一発スクーリングは。
  • とても信頼できますありがとうございます、(*^_^*)
  • 実は、いままでお金が少なすぎて、損切りが多くて情けない状態でしたが、
  • この度、銘柄一発スクーリングで、初めて利益でました!!!”(#^.^#)
  • これはヽ〔゜Д゜〕丿スゴイですね~心より感謝して御礼申し上げます。
  • 心より感謝して御礼申し上げます。
  • 今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。本当に有難うございます
  • 銘柄一発スクリーニング バンザイ!!
  • この銘柄一発スクリーニングは大変凄いと思っており、
  • 私でも利益を出すことができて喜んでいます。
  • 酒井先生おはようございます。いつもパワフルなご指導ありがとうございます。
  • 先生方の熱心な指導にいつも頭の下がると気持ちでいっぱいです。
  • く利益を積み重ねていけるトレーダーに
  • 私も早なるべく日々頑張ってます。
  • 早速ですが、銘柄一発スクリーニング活用しています。
  • 特に平日は本業もあるので助かります。これからも活用させて頂きます。
  • いつもお世話になります。
  • 一発スクリーニングを使用させていただいて、ありがとうございます。
  • 状況がすぐに状況が分かり、手間が省けて大変に使いやすいソフトだと思います。
  • いつもありがとうございます。
  • 本当に素晴らしいツールですね、
  • すでにお話が出ているかと思いますが、
  • MACDとBBを入れていただくとなお良いと思います。
  • 今後ともよろしくお願いいたします。
  • スクリーニング開発ありがとうございます。
  • 毎晩遅くまで銘柄を探すのが大変でした。
  • 本当はチャートをたくさん見た方がいいと思いますが、
  • スクリーニングで利益を出すことができれば嬉しいですね。
  • こんにちは。銘柄一発スクリーニングは初心者の私にとっては
  • 銘柄検索の時間の短縮ができ、使いやすく活用させていただいてます。
  • 大変すばらしいツールに感動しております。
  • さっそく活用させていただいています.昨日仕掛けたものも,
  • 大きく上昇し利益が上がっています.ありがとうございます。
  • 素晴らしいツール、大感激です。
  • 有り難うございます。
  • 自分でセレクトした銘柄と、このスクリーニング銘柄の両立で、
  • 時間調整ができ、嬉しい限りです。
  • 大変すばらしいツールに感動しております。
  • ありがとうございます。
  • いつもお世話になります。
  • 銘柄一発スクリーニングとても重宝しています。
ベーシックコースへご参加頂いた生徒さんの声

川口さんインタビュー

田中さんインタビュー

ベーシックコースの受講料



ベーシックコースを受講の皆さまには、
「システムトレード専用銘柄情報サービス(STS)」が2ヶ月間(2万円分)無料
となります。



ボーナス特典


3か月のご契約期間後、1年間契約を更新することができます。
この価格は解るまで教えたいという思いから設定しました!
(*席順や授業中の質問は新規の方を優先させて頂く場合があります。)


ベーシックコース受講者の皆さまには、ベーシックコース受講中、受講後にかかわらず、
次のステップアップ「マスターコース」にご参加頂けます。
(マスターコースのご参加は有料となります。)

ご契約からお支払いまでの流れ

お申込み・お支払いは「お申し込みはこちら」からとなります。


ご入金まで完了したら…

質問会へご参加
STS配信開始!
ステップアップ動画メール配信開始!!

不明な点は・・・

お気軽に事務局まで

お支払い方法

パソコンでのお申し込みはこちらから


ベーシックコースへ寄せられた質問と回答

移動平均線には75日以外にも5日線25日線、200日せんなどもありますが75日線が一番重要とのことでしょうか?

その通りです。方向線(75日線)は、使いやすく、株価の性質が一番よく発揮される線です。

デイトレードも75日移動平均線で判断するのですか?

デイトレードでも使います。

方向線を抜いたら買い、割ったら売りは終値ベースですか?

その日が終わって、最終的に抜けたか割ったかは、終値で判断しますが、実際の売買は、予約注文をしますので、終値ベースではないです。この辺りは、コースの中で詳しく説明します。

75日は経験からですか?何か理屈もあるのですか?

123が膨大な時間をかけてチャートを分析し、そして、学校で7年間も教えている手法です。
これは、現役トレーダーの経験からといえます。

利益確定の売りと同時に、売りを建てるようなことはしないのでしょうか。

基本的には、しないです。株価の動きには、トレンドというものがありますので、上昇局面で空売りすることはしません。
トレンドの読み方は、コースの中でしっかりとやっていきます。

5121 藤倉ゴムは出来高少ないですが出来高はみますか?

出来高の見方には、コツがあります。こちらもコースの中でしっかりとやっていきます。

場中では方向線を何回もまたいで株価が動くことがありますがすぐロスカットすべきですか?

ベーシックコースのトレードの手法は、スイングトレード(数日間株を保持するやり方)となっています。
基本的にその日にすぐにロスカットすることは、ありません。

方向線を上抜けて買いを入れた後、大きく株価が上昇した場合、再度方向線にタッチする前の利益確定(売り)ポイントがあれば教えてください。

これは、利益確定の方法の大切なところですね。利益確定の方法には、相場に合わせて3つの方法があります。
コースの中でしっかりとレクチャーさせていただきます。

ロスカット設定が急激の変化に約定しない場合があるのですが、それはどうするの?

ロスカットできなかった場合の考え方は、あります。詳しくは、コースの中で。

方向線のお勧めのスクリーニングはありますか?

銘柄探しは、私たちが使っている簡単な方法があります。これもプロの銘柄探しという回で詳しく説明をしています。

一日の売買数がどのくらいある株を売買対象にしたらいいのでしょうか?

いい質問ですね。売買高というのは、銘柄を選択するときにとても大切な指標となります。コースの中で詳しい解説があります。

25日線が75日線(方向線)の下にあっても株価が75日線を上に抜いたら買えるのでしょうか?

はい、買えます。

方向線が上向きになる直前に、方向線が下向きでも株価が上向に膨らむことがよくありますが、どのように判断するのですか。

よくチャートを見ていますね。その通りです。この動きのことを初動といいます。
この初動をどう判断するのか、未来予想図という項目の中で詳しく解説をしています。

今、株価が大きく上がり方向線と乖離が大きい(高い)銘柄は、どのように見ればいいでしょうか?

こういう銘柄は、買のポイントを絞って、しっかりと監視していきます。

方向線から乖離したものがほとんどで今は売り買いで切る株が少ないのでは

方向線まで来ない銘柄の仕掛け方などもやりますので、大体、毎日1~2銘柄くらいはありますね。

買いと売りのサインは何の指標を使われますか?

まずはシンプルに方向線を使います。方向線を下から上に抜けたら買い、上から下に割り込んだら売りです。
ただし、実際にはMACDなどの指標も見て売り時を判断しています。
利益確定の手法はいくつかあって、ベーシックコースの中でしっかりレクチャーします。

MACDの設定は、EMA(短期)5日・EMA(長期)20日・シグナル9日に設定したら良いのですか?

その通りです。特別な設定ではなく、一般的な設定を使っています。

監視銘柄数はいくつくらいでしょうか

30~50銘柄ぐらいは見ています。しかし、チャートの見方のコツがわかってくると、短時間で100銘柄ぐらいはすぐにチェックできるようになります。そういうチャートの見方のコツなども、コースの中でレクチャーします。

トレンドラインを引く期間は3ヶ月から6ヶ月でしょうか?

期間は様々です。123式の「真のトレンドライン」という考え方、引き方がありますので、コースの中で詳しく解説しています。

ストキャスティクスと組み合わせた場合は、MACDに合わせてストキャスティクスの数値を設定したらいいですか?
数値などわかれば教えてください。お願いします。

私たちはストキャスティクスは使っていません。検証の結果、必要無いと判断したためです。

方向線は何日線ですか?ローソク足は日足ですか?

方向線は75日の移動平均線です。ローソク足チャートは主に日足チャートを使います。

個別銘柄も75日線を上抜く銘柄を買うのがよいのですか

その通りです。方向線を下から上に抜けるときに買っていきます。

上昇相場で、株価が下がってきて、方向線にタッチする前に上がるときもあると思いますが、そのあたりの判断はどうすればいのですか?

株価が方向線にタッチしに来なくても買う方法はあります。
非常に強い上昇相場のときは、株価が方向線に戻ってこないこともよくありますので、その方法を使って買っていきます。

はじめまして。私は株初心者なので銘柄の選び方が分かりません。
銘柄は何をポイントにして選べばいいのですか?

まずはシンプルに方向線が上向きの銘柄を選びましょう。
その他の選び方についてはコースの中でレクチャーしますが、初心者でもできるシンプルな方法ばかりです。

方向線はデイトレにも役立ちますか?

役に立ちます。デイトレのときも方向線を見ています。

75日線は、単純移動?指数移動?加重移動?

単純移動平均線です。

MACD なのか? MACDオシレータ なのか?どっち?

両方を使っています。

条件を満たす銘柄を効率良く探す方法はありますか?

銘柄を探すのにいわゆるスクリーニングなどは使いませんが、効率よく銘柄を見ていく方法がありますので、その方法はコースの中でレクチャーします。

損切りはどの位下がったらうりますか?

よくパーセンテージで損切りを判断される方がおられますが、私たちはそのような数値で判断することはしません。
チャートを見て、ロスカットすべきポイントを通過したらロスカットします。その最も基本的な方法が、株価が方向線を上から下に割ったときにロスカットするというものです。

日足以外は見ないのですか?

週足や月足も見ますが、その見方にはコツがあります。

これらの方法は日足以外に分足等でも有効なのでしょうか?

基本的な考え方は有効ですが、分足には分足の見方・使い方があります。

分足は使いますか?

私たちの手法はデイトレードではなく、数日~数週間、株を保持するスイングトレードです。スイングトレードでは分足を見なくてもできますし、むしろ日中の動きは見ないほうが上手くいきます。

天井で売るやり方はありますか?

残念ながら、狙って天井で売るということは不可能です。
ただし、私たちが使っている手法を使えば、偶然、目先の天井付近で売れることは少なくありません。

方向線はなぜ75日線ですか。25日線はダメですか。

123が膨大な時間をかけてチャートを分析し、最も株価の性質が発揮されるのが75日線だという判断に至りました。方向線を使った手法は、123で8年間もお教えしている手法であり、私たちの経験に裏打ちされているとお考え下さい。

今日経225銘柄は方向線下向きの空売り対象は多いが買いは乖離してるのが多い
日経はあがりそうだが空売り仕掛けても大丈夫?

日経平均の方向線が上向きのときは、全体相場が上昇基調にあります。
方向線の向きに逆らったトレードは避けるべきです。

お世話になります。日経平均の方向線が、上向きになりつつありますが、中期的に上向きになると考えてもよろしいですか?
前回高値14,592円を超えるまでは、様子見もしくは、持ち合いなのでしょうか?

この先、方向線の向きがどうなっていくか考えるとき、私たちはチャートに未来予想図を描いてシナリオを立てていきます。
上向きになるシナリオもありますが、相場ですから突然崩れて下向きになってしまうこともあり得ます。ですから、実際にはいくつもの可能性を考えてシナリオを立てなければなりません。
そして、それぞれのシナリオに基づいて戦略を考えていくのです。
この方法はコースの中で詳しくレクチャーします。

買いに入った後、すぐに方向線を中心にもみ合いになると、売買の数が相当増えると思いますが、その場合は多少余裕を持った方が良いのでしょうか?

方向線付近でもみ合いになった場合はピストントレードという手法を使います。
あるいは、少し余裕を持たせる方法もありますが、その詳しい方法についてはコースの中でレクチャーします。

資金繰りは、いくらぐいですか。

できれば30~50万円程度は欲しいところですが、それ以下の資金でも買える銘柄はあります。

株取引の際に現物と信用とのどちらがお奨めですか?その理由も教えていただけたらと思います

信用取引をお勧めしています。なぜなら、自己資金の約3倍までの売買が可能となり、資金効率が良いからです。
また、将来、空売りを勉強されるのであれば必ず信用口座が必要になりますので、早めに信用取引に慣れておかれると良いでしょう。

ボリンジャーバンドとの組み合わせは如何でしょうか?

方向線とボリンジャーバンドの相性は抜群です。

ボリンジャーバンドは使いますか?その使い方や設定の仕方など見方を教えてください。
MACDとボリンジャーバンド以外、他の指標は使いますか?

いわゆるテクニカル指標の中で私たちが使っているのは、方向線、MACD、ボリンジャーバンドだけです。ただし、123独自の使い方、組み合わせ方があり、詳しくはコースの中でレクチャーします。

売りの場合は、方向線が下向きでセレクトするのですか?

基本的にはその通りですが、空売りには買いのときとは違った考え方やコツが必要になります。

方向線を下から上に抜けるときが陰線であっても買いですか?

陰線でも買いです。なお、その場合の約定後の対処法については、コースの中で詳しくレクチャーします。

買った後に逆指値の売指示はしなくて大丈夫ですか?

必要です。株を買った翌日からロスカット注文を入れていきます。

日足で高値、安値のどちらが先か見ますか。

どちらが先かということは気にしません。また、陰線か陽線かも全く気にしませんし、気にする必要もありません。

買い銘柄でロスカットの時方向線割れるなら朝寄り付きでおもいっきりGDでも寄りで決済ですか?

そうとは限りません。予定していたロスカットポイントを株価が飛んで通り過ぎてしまった場合の対処法については、コースの中で詳しくレクチャーします。

売買は前場後場どちら仕掛けるのですか

売買の注文は相場が始まる前に予約で出しておきます。
ですので、前場、後場は関係ありません。

塾長は空売りを主にするとの事。上昇トレンドでも空売りが多いのでしょうか?

泉塾長は空売りを得意としていますが、方向線の向きに逆らってまで空売りを仕掛けることはありません。

出来高はいつも参考にしてますか?

出来高の見方にはコツがあり、必要なときだけ見ています。
これもコースの中でしっかりレクチャーします。

注文の仕方は逆指値成行ですか?

逆指値の成行注文は使っていません。

買いと売りのサインは何の指標を使われますか?

まずはシンプルに方向線を使います。方向線を下から上に抜けたら買い、上から下に割り込んだら売りです。 ただし、実際にはMACDなどの指標も見て売り時を判断しています。 利益確定の手法はいくつかあって、ベーシックコースの中でしっかりレクチャーします。

MACDの設定は、EMA(短期)5日・EMA(長期)20日・シグナル9日に設定したら良いのですか?

その通りです。特別な設定ではなく、一般的な設定を使っています。

監視銘柄数はいくつくらいでしょうか?

30~50銘柄ぐらいは見ています。 しかし、チャートの見方のコツがわかってくると、短時間で100銘柄ぐらいはすぐにチェックできるようになります。 そういうチャートの見方のコツなども、コースの中でレクチャーします。

トレンドラインを引く期間は3ヶ月から6ヶ月でしょうか?

期間は様々です。123式の「真のトレンドライン」という考え方、引き方がありますので、コースの中で詳しく解説しています。

ストキャスティクスと組み合わせた場合は、MACDに合わせてスト キャスティクスの数値を設定したらいいですか?数値などわかれば教えてく ださい。お願いします。

私たちはストキャスティクスは使っていません。検証の結果、必要無いと判断したためです。

方向線は何日線ですか?ローソク足は日足ですか?

方向線は75日の移動平均線です。ローソク足チャートは主に日足チャートを使います。

個別銘柄も75日線を上抜く銘柄を買うのがよいのですか?

その通りです。方向線を下から上に抜けるときに買っていきます。

はじめまして。私は株初心者なので銘柄の選び方が分かりません。 銘柄は何をポイントにして選べばいいのですか?

まずはシンプルに方向線が上向きの銘柄を選びましょう。その他の選び方についてはコースの中でレクチャーしますが、初心者でもできるシンプルな方法ばかりです。

方向線はデイトレにも役立ちますか?

役に立ちます。デイトレのときも方向線を見ています。

75日線は、単純移動?指数移動?加重移動?

単純移動平均線です。

MACD なのか? MACDオシレータなのか?どっち?

両方を使っています。

条件を満たす銘柄を効率良く探す方法はありますか?

銘柄を探すのにいわゆるスクリーニングなどは使いませんが、 効率よく銘柄を見ていく方法がありますので、その方法は コースの中でレクチャーします。

損切りはどの位下がったらうりますか?

よくパーセンテージで損切りを判断される方がおられますが、 私たちはそのような数値で判断することはしません。 チャートを見て、ロスカットすべきポイントを通過したら ロスカットします。その最も基本的な方法が、株価が方向線を 上から下に割ったときにロスカットするというものです。

日足以外は見ないのですか?

週足や月足も見ますが、その見方にはコツがあります。

これらの方法は日足以外に分足等でも有効なのでしょうか?

基本的な考え方は有効ですが、分足には分足の見方・使い方があります。

分足は使いますか?

私たちの手法はデイトレードではなく、数日~数週間、株を保持する スイングトレードです。スイングトレードでは分足を見なくても できますし、むしろ日中の動きは見ないほうが上手くいきます。

天井で売るやり方はありますか?

残念ながら、狙って天井で売るということは不可能です。 ただし、私たちが使っている手法を使えば、偶然、目先の天井付近で 売れることは少なくありません。

方向線はなぜ75日線ですか。25日線はダメですか?

123が膨大な時間をかけてチャートを分析し、最も株価の性質が発揮されるのが  75日線だという判断に至りました。方向線を使った手法は、123で8年間も お教えしている手法であり、私たちの経験に裏打ちされているとお考え下さい。

今、日経225銘柄は方向線下向きの空売り対象は多いが買いは乖離してるのが多い 日経はあがりそうだが空売り仕掛けても大丈夫?

日経平均の方向線が上向きのときは、全体相場が上昇基調にあります。 方向線の向きに逆らったトレードは避けるべきです。

お世話になります。日経平均の方向線が、上向きになりつつありますが、 中期的に上向きになると考えてもよろしいですか?

この先、方向線の向きがどうなっていくか考えるとき、私たちはチャートに 未来予想図を描いてシナリオを立てていきます。 上向きになるシナリオもありますが、相場ですから突然崩れて下向きに なってしまうこともあり得ます。ですから、実際にはいくつもの可能性を考えて シナリオを立てなければなりません。 そして、それぞれのシナリオに基づいて戦略を考えていくのです。 この方法はコースの中で詳しくレクチャーします。

買いに入った後、すぐに方向線を中心にもみ合いになると、売買の数が相当増えると思いますが、 その場合は多少余裕を持った方が良いのでしょうか?

方向線付近でもみ合いになった場合はピストントレードという手法を使います。 あるいは、少し余裕を持たせる方法もありますが、その詳しい方法については コースの中でレクチャーします。

資金繰りは、いくらぐいですか?

できれば30~50万円程度は欲しいところですが、それ以下の資金でも 買える銘柄はあります。

株取引の際に現物と信用とのどちらがお奨めですか?その理由も教えていただけたらと思います。

信用取引をお勧めしています。なぜなら、自己資金の約3倍までの 売買が可能となり、資金効率が良いからです。 また、将来、空売りを勉強されるのであれば必ず信用口座が必要に なりますので、早めに信用取引に慣れておかれると良いでしょう。

ボリンジャーバンドとの組み合わせは如何でしょうか?

方向線とボリンジャーバンドの相性は抜群です。

ボリンジャーバンドは使いますか?その使い方や設定の仕方など見方を教えてください。 MACDとボリンジャーバンド以外、他の指標は使いますか?

いわゆるテクニカル指標の中で私たちが使っているのは、方向線、MACD、 ボリンジャーバンドだけです。ただし、123独自の使い方、組み合わせ方があり、 詳しくはコースの中でレクチャーします。

売りの場合は、方向線が下向きでセレクトするのですか?

基本的にはその通りですが、空売りには買いのときとは違った考え方や コツが必要になります。

方向線を下から上に抜けるときが陰線であっても買いですか?

陰線でも買いです。なお、その場合の約定後の対処法については、 コースの中で詳しくレクチャーします。

買った後に逆指値の売指示はしなくて大丈夫ですか?

必要です。株を買った翌日からロスカット注文を入れていきます。

日足で高値、安値のどちらが先か見ますか?

どちらが先かということは気にしません。また、陰線か陽線かも 全く気にしませんし、気にする必要もありません。

買い銘柄でロスカットの時方向線割れるなら朝寄り付きでおも いっきりGDでも寄りで決済ですか?

そうとは限りません。予定していたロスカットポイントを株価が飛ん で通り過ぎてしまった場合の対処法については、コースの中で詳しくレクチ ャーします。

売買は前場後場どちら仕掛けるのですか?

売買の注文は相場が始まる前に予約で出しておきます。 ですので、前場、後場は関係ありません。

塾長は空売りを主にするとの事。上昇トレンドでも空売りが多いので しょうか?

泉塾長は空売りを得意としていますが、方向線の向きに逆らってまで 空売りを仕掛けることはありません。

出来高はいつも参考にしてますか?

出来高の見方にはコツがあり、必要なときだけ見ています。 これもコースの中でしっかりレクチャーします。

注文の仕方は逆指値成行ですか?

逆指値の成行注文は使っていません。

移動平均線には75日以外にも5日線25日線、200日せんなどもありますが75日線が一番重要とのことでしょうか?

その通りです。方向線(75日線)は、使いやすく、株価の性質が一番よく発揮される線です。

デイトレードも75日移動平均線で判断するのですか?

デイトレードでも使います。

方向線を抜いたら買い、割ったら売りは終値ベースですか?

その日が終わって、最終的に抜けたか割ったかは、終値で判断しますが、 実際の売買は、予約注文をしますので、終値ベースではないです。 この辺りは、コースの中で詳しく説明します。

75日は経験からですか?何か理屈もあるのですか?

123が膨大な時間をかけてチャートを分析し、そして、学校で7年間も教えている 手法です。これは、現役トレーダーの経験からといえます。

利益確定の売りと同時に、売りを建てるようなことはしないのでしょうか?

基本的には、しないです。株価の動きには、トレンドというものがありますので、 上昇局面で空売りすることはしません。トレンドの読み方は、コースの中で しっかりとやっていきます。

5121藤倉ゴムは出来高少ないですが出来高はみますか?

出来高の見方には、コツがあります。こちらもコースの中でしっかりとやっていきます。

場中では方向線を何回もまたいで株価が動くことがありますがすぐロスカットすべきですか?

ベーシックコースのトレードの手法は、スイングトレード(数日間株を保持するやり方) となっています。基本的にその日にすぐにロスカットすることは、ありません。

方向線を上抜けて買いを入れた後、大きく株価が上昇した場合、 再度方向線にタッチする前の利益確定(売り)ポイントがあれば教えてください。

これは、利益確定の方法の大切なところですね。 利益確定の方法には、相場に合わせて3つの方法があります。 コースの中でしっかりとレクチャーさせていただきます。

ロスカット設定が急激の変化に約定しない場合があるのですが、それはどうするの?

ロスカットできなかった場合の考え方は、あります。 詳しくは、コースの中でお伝えします。

方向線のお勧めのスクリーニングはありますか?

銘柄探しは、私たちが使っている簡単な方法があります。 これもプロの銘柄探しという回で詳しく説明をしています。

一日の売買数がどのくらいある株を売買対象にしたらいいのでしょうか?

いい質問ですね。売買高というのは、銘柄を選択するときにとても大切な指標となります。 コースの中で詳しい解説があります。

25日線が75日線(方向線)の下にあっても株価が75日線を上に抜いたら買えるのでしょうか?

はい、買えます。

方向線が上向きになる直前に、方向線が下向きでも株価が上向に膨らむことがよくありますが、どのように判断するのですか?

よくチャートを見ていますね。その通りです。この動きのことを初動といいます。 この初動をどう判断するのか、未来予想図という項目の中で詳しく解説をしています。

今、株価が大きく上がり方向線と乖離が大きい(高い)銘柄は、どのように見ればいいでしょうか?

こういう銘柄は、買のポイントを絞って、しっかりと監視していきます。

方向線から乖離したものがほとんどで今は売り買いで切る株が少ないのでは?

方向線まで来ない銘柄の仕掛け方などもやりますので、大体、毎日1~2銘柄くらいはありますね。

デイトレ手法も含まれますか?

デイトレードの手法は、基本的に含まれていません。

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
(旧社名:株式会社日本投資技術協会East)
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシックコース 会員 3ヶ月 248,000円 以降1年 1,000円
STS会員 新規2ヶ月 20,000円(ただし、ベーシック会員契約を新規かつ同時に締結している場合においては、新規2ヶ月の会費全額を免除します)以降更新1ヶ月毎 10,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。
また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。